島根県松江市【山本メディカルコンタクトレンズ】ロゴ

コンタクトレンズを快適に使うために

2005年4月よりコンタクトレンズは透析器、人工呼吸器と同様の高度管理医療機器に位置づけられました。高度管理医療機器のうち人の健康に重大な影響を与える危険度が最も高いとされるものをいいます。角膜に直接のせて使用するものですから眼科医によるきちんとした処方が必要です。

コンタクトレンズの処方

コンタクトレンズは、直接眼に装着するものであり、医療用具ですので、眼科医の診察を受けた上で、ご自身にあったレンズを選択、購入してください。

定期健診

コンタクトレンズは、眼に直接装着するものですから、瞳の健康を守るためにも、定期検診は必ず受けるようにしましょう。目安は、ハードレンズでは、購入2か月後、6か月後、以後6~12か月毎、ソフトレンズでは、購入1か月後、以後3~6か月毎が望ましいです。

▲ to Top

コンタクトレンズの種類

ハードコンタクトレンズ

アクリル樹脂やシリコーンなどで作られた、角膜よりも直径が小さいコンタクトレンズ。ソフトコンタクトレンズに比べると違和感を感じやすく、激しい運動によって外れやすいなどの欠点があるが、耐久性があり、乱視、円錐角膜、強度近視などの矯正にも適応があります。

より詳しく知りたい方 →

ソフトコンタクトレンズ

30~70パーセントの水分を含む柔らかい材質で作られたコンタクトレンズ。角膜ヘの刺激が少なく、光学中心のズレが少ないなどの利点がありますが、耐久性や光学的精密さはハードコンタクトレンズに劣ります。

1DAYタイプ

一日で捨てるタイプ。毎日が新しいレンズになります。毎回新しいレンズになるので手入れは要りません。システム上、レンズの汚れによる目のトラブルも減少します。欠点は一番コストがかかることだったのですが、割高だった以前と比べればその問題も解消してきました。

1週間タイプ

1週間連続使用後、交換するタイプ。はずしたら新しいレンズに交換しなくてはいけません。眼にかかる負担が大きいため、1)治療のため、2)仕事の都合でどうしても必要な場合のみ処方しています。

2週間タイプ

2週間で交換するタイプ。厳密にいうと、使い捨てコンタクトレンズではなく、定期交換型のレンズの一種です。ポイントは、毎日はずして手入れします。そして最長2週間で新しいレンズに交換します。改良が進み、破損や汚れのリスクは大幅に減少してきています。

より詳しく知りたい方 →

その他のコンタクトレンズ

球面コンタクトレンズ

レンズの前面(外側)と後面(内側)が、サッカーボールの表面のように球面を形成しているコンタクトレンズです。

トーリックコンタクトレンズ

レンズの前面や後面、あるいは前面と後面の両面が、ラグビーボールの側面のように縦と横のカーブに違いのあるものです。

遠近両用コンタクトレンズ

眼鏡レンズのように遠用部分と近用部分が別れた交代視タイプと、レンズの中央部分に遠用・近用部分を同心円状に配した同時視タイプがあります。レンズのメーカーによってデザインは異なり、それぞれ特徴的です。

▲ to Top

取り扱いコンタクトレンズ一覧

※上記以外のメーカーも取り扱っております。

▲ to Top

お取扱いの注意

清潔で見やすい場所に保存する

  • 清潔で見つけやすい場所で取り扱いましょう。
  • 念のため、落としても流れてしまわないように、シンクに栓をしましょう。
  • さらに、爪は切って滑らかにしておきましょう。
  • コンタクトレンズを取り扱う前は、石鹸でよく手を洗いましょう。
  • 特に、外す時には手を洗うのを忘れないようにしましょう。

化粧の前にコンタクトレンズを装着する

  • 女性の方は、お化粧はコンタクトレンズを装着してから行いましょう。
  • 手や指に化粧品がついていると、石けんでもなかなか落ちません。
  • 化粧の後にコンタクトレンズを装着すると、レンズに化粧の汚れが付いてしまいます。

レンズに異変を発見したら

あなたのお使いのレンズを、もう一度よく観察してみて下さい。汚れが落ちない、傷がある、変形している等を見つけたら、すぐに使用を中止して、眼科専門医に相談しましょう。

▲ to Top

山本眼科医院~島根県松江市で36年!入院設備完備

山本メディカルコンタクトレンズ

〒690-0882島根県松江市大輪町
420-14山本眼科ビル1F
TEL 0852(25)5656
FAX 0852(22)8658

お問い合わせは診療時間内に
お電話でお願い致します