島根県松江市【山本メディカルコンタクトレンズ】ロゴ

コンタクトレンズについて

どれだけの人がコンタクトレンズを使っていますか?
日本では、約1600万人がコンタクトレンズを使っているといわれています。
また、約6000~6500万人が眼鏡を使用しているとされています。(常用・老眼鏡)
コンタクトレンズのメリット・デメリットは何ですか?
メリットは、
  1. 目とともに動くため、プリズム作用・収差がない
  2. 他人に装用していることが気づかれない
  3. 度が強くても、眼鏡のように大きさが実物と違って見えることがない
  4. 乱視があっても、眼鏡より視力が出やすいことが多い(ハードコンタクトレンズ)
  5. 広い視野が確保できる(コンタクトレンズで約200度、眼鏡で約120度)
  6. 気温・湿度の変化にも影響を受けにくい
デメリットは、
  1. ゴミが入ると通常以上に痛い
  2. 眼の調子が悪い時には装用できない
  3. 手入れがいる
  4. 長時間の使用ができない
  5. 定期検査が必要である
コンタクトレンズは、1日中使用できるわけではなく、朝や夜などのコンタクトレンズの装着脱前後には眼鏡が必要です。外出の際には、紛失やけがの可能性を考えて、眼鏡を携帯しておいた方が良いでしょう。また、どうしても、コンタクトレンズに慣れることができない人もいます。
ソフトとハードコンタクトレンズとでは、どう違うのですか?
ソフトコンタクトレンズは、
  • 異物感が少なく、装用感が良い
  • レンズに慣れやすい
  • 激しい運動にも落ちにくい
  • レンズの下にごみが入りにくい
ハードコンタクトレンズは
  • レンズの光学性が良い(強度乱視・円錐角膜・角膜不正乱視がある人でも視力が出やすい)
  • 管理がしやすい
  • 眼に問題が起こった時に自覚症状が出やすい
  • レンズを左右間違ったときに発見しやすい
という特徴があります。

▲ to Top

コンタクトレンズの取り扱いについて

コンタクトレンズは何年使えますか?
ソフトレンズとハードレンズは材質が違うため、耐用年数にも違いがでてきますし、日ごろの取り扱いと手入れでずいぶんと個人差があります。一般に高酸素透過性の目に負担の少ないレンズの方が、寿命が短い傾向があります。近年はソフトレンズは使い捨てが主流となっており、1日使い捨て、1週間、2週間、1ヶ月、3ヶ月の使い捨てなど、いろいろなタイプのものが販売されています。
レンズはどんなときに紛失しやすいのですか?
レンズ紛失原因の50%は洗浄中といわれています。レンズを洗うときは、必ず「ザル」で受けるようにするか、排水口に蓋をして洗ってください。また、ボール、洗面器に水か生理食塩水(0.85%の食塩水)を入れてその中で洗う方がよいでしょう。

▲ to Top

コンタクトレンズの装着について

コンタクトレンズは1日何時間使用できますか?
装用時間には、ある程度個人差、その日の体調があり、またレンズの種類によっても装用可能な時間は異なります。必要最低限の時間を守り、眼に負担をかけないように使用するのが望ましいです。
コンタクトレンズを入れると眼が痛くなるのはなぜですか?
使いはじめのころは、そのような症状がありますが、これは、コンタクトレンズが眼に慣れるまでの生理的な反応で、1~2週間ほどでほとんど消えてしまいます。それ以降でコロコロとした異物感が消えない場合には、もう1度医師の診察を受けることをおすすめします。
外出中に眼が痛くなり、レンズケースを持っていない時、どうすればいいですか?
外出中に眼が痛くなった時には、清潔なところで、もう1度レンズをよく洗って入れなおしてください。それでも痛いときにはレンズをはずし、医師の診察を受けてください。ケースがなければ、ハードレンズのときは、やわらかいもの(ハンカチ、ティッシュ等)にくるんでつぶれないようにします。ソフトレンズのときには、専用の保存液もしくは生理食塩水につけておくことが必要です。水道水での保存は「カビ」や「細菌」などが繁殖しやすいので、やめてください。
コンタクトレンズはどんなときに使用してはいけないのですか?
以下のような症状があるときは、コンタクトレンズの使用を中断してください。
  1. 眼が充血したり、痛くなったとき
  2. 急性結膜炎や他の炎症性疾患のとき
  3. 角膜疾患のとき
  4. 涙液減少症(ドライアイ)をきたす疾患のとき
  5. 眼球運動や瞬目(まばたき)が困難な疾患のとき(重症筋無力症など)
その他、レンズを使用することによるアレルギー症状などが生じたときには、レンズを交換したり、治療を必要とする場合がありますので、必ず医師の診察を受け、指示に従ってください。
コンタクトレンズの上から目薬をさしてもいいですか?
原則として、レンズの上から目薬をさすことはよくありません。ソフトコンタクトレンズや酸素透過性レンズの場合、材質上、目薬がレンズにしみ込むためです。

▲ to Top

山本眼科医院~島根県松江市で36年!入院設備完備

山本メディカルコンタクトレンズ

〒690-0882島根県松江市大輪町
420-14山本眼科ビル1F
TEL 0852(25)5656
FAX 0852(22)8658

お問い合わせは診療時間内に
お電話でお願い致します